COMPANY会社概要

  
社名 株式会社学校経営戦略研究所
代表者 熊川 清孝
所在地 〒144-0052
東京都大田区蒲田 1-2-6 東雲ビル 312
連絡先 TEL・FAX +81(0)3 6324 7050

PROFILEプロフィール

写真

熊川 清孝

[早稲田大学商学部卒]

学校経営戦略研究所は、平成20年、所長熊川清孝の教育業界での経験を基に発足致しました。大学の設立、専門学校の設立、新学部の設置、新設学科の設立等20数学科の新設現場経験を活かした学校支援をおこなっています。
学校の入り口と言われている広報、募集の企画、実践や学校の出口と言われている就職の学生の企業への斡旋、これも全て現場の経験を活かしたコンサルティングを行ってます。
「少子化」「大学全入時代」「大学淘汰」と言われて久しく時間が経っていますが、少子化の影響は大学、専門学校、高校などで、あらゆる教育機関で各学校間の競争で余儀なくされています。
中には、大学、専門学校の閉鎖や大学等の合併など、今までにはあり得ない教育環境になり始めています。そういったなかで、各学校法人は、様々な対処を考え、新しい学部、学科の設置、広報活動の強化、効果的なキャリアサポートの実施をしてきました。このような改革をして行く中で、エビデンスに基づく学校の運営の転換が必要性が問われるようになってきました。
これが、現在、学校、特に大学で注目されているのがInstitutionalResarch(IR)の戦略です。
学校経営戦略研究所においては、日本でIRの概念が認知される前にIRの基本である
・学校経営の財務情報など諸活動での分析
・教育機能の分析
・募集、就職の情報分析
・学校の自己評価とその分析
など、データ分析によるコンサルティングを実施してます。
所長である熊川清孝の30年に渡る学校法人に置いて募集、就職活動の実績のデータ蓄積を本にした学校支援を行ってきました。
また、学校経営戦略所を開設した後も、専門学校の校長、日本語学校の校長や学校法人本部長等を歴任しながら現場の経験を活かし、 データを蓄積してきました。

このような現場の経験、実践的データ分析を基にした学校支援を今後も日本だけでなく世界、特にアジアの諸外国でも実施して行く所存です。

以上

学校経営戦略研究所
所長 熊川清孝

CAREER経歴

ANOTHERその他

財団法人映像と芸術の振興財団理事

NPO法人青少年少女モータースポーツ振興団理事

一般財団法人クラスジャパン教育機構理事

日本アカデミー賞協会会員

以上

 お問い合わせ